JP ドメインにおける SOA の minimum 値の短縮実験のお知らせ

                                                   2005 年 12 月 20 日
                                              更新 2006 年  1 月 16 日
                                                                  JPRS

JP ドメインでは、過去の経緯 (*1) により SOA の minimum は 86,400 秒 (1 
日) となっています。しかしながら、キャッシュサーバの実装では、その実装
独自の値 (BIND は標準で 10,800 秒) より大きい場合は無視し、切り詰めら
れることが判明しております。そのため、現在の 86,400 という値は意味を持っ
ていません。

現在 JPRS ではこの値を小さくすることを検討しています。しかし、極端に小
さな値にすることは JP DNS への負荷が増加することが懸念されます。そのた
め、一定期間 SOA minimum 値を短縮する実験を行い、JP DNS にかかる負荷を
計測し、最終的な値の調整を行います。

以下のスケジュールで SOA の minimum 値を変更する予定ですので、予めご承
知置きください。なお、逆引き DNS の minimum 値に関しては、変更いたしま
せん。

	現在                            86400
	2005年12月21日〜28日             3600
	2006年 1月17日〜24日              900

*1) SOA の minimum 値は、過去にはキャッシュサーバがキャッシュレコード
    を保持する期間として使われていましたが、RFC2308 によりドメイン名が
    存在しなかったという情報を保持する期間 (ネガティブキャッシュ) とし
    て変更され、無駄な DNS トラフィックを低減させる働きを行っています。

---------------------------------------------------------------------
 <<更新情報>>

  - SOA の minimum 値を 900 にする実験の日程を記載しました。

    


株式会社日本レジストリサービス Copyright©2004-2017 Japan Registry Services Co., Ltd.